代表取締役 プロフィール

ポール・フリント(Paul Flint、米国)
代表取締役・共同創業者
Paul Flint
  2012年には、アルコール飲料輸入卸販売の免許を取得し、海外からのアルコール飲料の輸入・卸売を行う「プレミアム・ビバレッジズ株式会社」(Premium Beverages)を設立。代表取締役として、スピリッツウイスキーで人気の高い米国のKansas Clean Distilled (カンザス クリーン ディスティルド) スピリッツウイスキーの輸入販売を開始しました。同社は、日本市場にアメリカのクラフトスピリッツを知ってもらうためのガイド役となり、日本の消費者により幅広い選択肢を提供することをヴィジョンの一つとしています。現在では、さらに海外商品の販売拡大を計り、とりわけ米国産ウイスキーに力を入れています。
 
近年では、日本でアメリカのクラフトスピリッツを広め、また、日本への輸出に興味を抱く海外のアルコール飲料業者向けに日本の市場情報を発信するためのサイト運営も行っています。
 
2003年に有限会社翻訳プラスを起ち上げて以来、ポールは同社の代表取締役として、共同創業者であるフィル・ロバートソン(Phil Robertson、英国)と共に、事業企画、人事、財務、システム開発、製品開発に至るまで、会社運営全般に従事しています。
 
ポールは1980年代、ベクテル社(米国サンフランシスコ)で、その後、MCI社(米国サンフランシスコ)で電気通信技術者として勤務。その後、企業を離れ、哲学、宗教、日本語、マネジメントを学びました。1992年、かねてより計画をしていた来日を果し、米国衣料品の輸入卸の会社「アメリカ・アンリミテッド」(America Unlimited)を設立しました。
 
1962年、米国マサチューセッツ州ボストン郊外で生まれたポールは、その後家族で移り住んだサンフランシスコ・ベイエリアで育ちました。音楽に没頭し、通信業界に足を踏み入れ、日本語を学んだ日々でした。
 
現在は、妻と3人の息子と共に東京に在住しており、休日には趣味のセーリング、サーフィン、またクラシックギターの演奏にいそしんでいます。3人の子供たちの成長を見ながら、相撲の相手をするのも楽しみの一つです。
 
Paul Flint
Co-founder, Representative Director
 
In 2012, Paul co-founded Premium Beverages, Inc., to distribute the popular US-made Kansas Clean Distilled brand of spirit whiskey. Paul serves as the representative director for Premium Beverages. Paul’s vision for the company is to make it a beacon for American craft spirits and bring freedom of choice to the Japanese consumer.In 2003, Paul was elected to the board of directors for the Japan Association of Translators (JAT), an NPO whose mission is to educate the public about translation and the translation industry. He served as the president of JAT from 2003 to 2008. For the alcohol industry, Paul has established an internet presence to promote American craft spirits in Japan and educate overseas producers of spirits who are interested in exporting to Japan.Paul has been the Representative Director of Y.K. Honyaku Plus since the company’s inception in 2003. He oversees planning, HR, finance, systems development, product development, and operations with co-founder, Phil Robertson. In the 1980s, Paul worked for Bechtel Power Corporation, and then MCI, Inc., as a telecommunications technician in San Francisco before leaving the corporate life to study philosophy, religion, Japanese, and management. He came to Japan in 1992, and started America Unlimited, a clothing import/wholesale company. Paul was born in the suburbs of Boston, Massachusetts, in 1962 and was raised in the San Francisco bay area, where he played music, worked in telecommunications, and studied Japanese.Paul lives in Tokyo with his wife and three boys, and enjoys sailing, surfing, playing classical guitar, and losing to his children at Sumo wrestling.
 
 
 

取締役 プロフィール

 
フィル ロバートソン(Phil Robertson、英国)
取締役・共同創業者
フィル・ロバートソン
 
 彼はクライアントに最高品質の翻訳を届けることに持ち前の熱意を注ぎ、また、最新のテクノロジーをフル活用することで、それを効率的かつ効果的に実践しています。 2012年、彼はポールと共に「プレミアム・ビバレッジズ」(Premium Beverages)を起ち上げ、米国のクラフトスピリッツをアジア地域に輸入する事業も始めました。
 
2003年の(有)翻訳プラスの設立以来、フィルは同社の取締役として、共同創業者のポール・フリント(Paul Flint、米国)と共にマーケティング、スタッフ採用、 品質管理を中心に、マネジメント業務に従事しています。
 
1996年から2001年にかけては、川崎にある東芝セミコンダクター&ストレージ社でテクニカルライターとして勤務。来日した1990年からの6年間は、 静岡のヤマハ発動機株式会社でテクニカルライターとして従事していました。
 
英国のロンドン南部で生まれたフィルは、ケンブリッジのセント・ジョンズ・カレッジで2年間、現代および中世言語文学を学んだ後、コンピューターサイエンスを2年間修学しました。 また、在籍中は同校のサッカーチームのキャプテンも務めました。卒業後はケンブリッジで、モーターレース業界にハードおよびソフトウェアを供給するIT新興企業のプログラマーとして4年間勤務しました。
 
余暇には、趣味であるフットサル、音楽鑑賞(特にブルース)、慈善活動への参加、ネットワーキングにいそしんでいます。
 
Phil Robertson
Co-founder, Director               
 
Phil is passionate about delivering translations of the highest possible quality to Honyaku Plus clients, and doing so in a smart manner that makes full use of the latest technology.In 2012, he and Paul also founded Premium Beverages, a company that imports US craft spirits to Asia.Phil has been a director of Honyaku Plus since the company’s founding in 2003. He oversees marketing, recruitment and quality assurance with co-founder and partner Paul Flint. From 1996 to 2001, he worked as a technical writer at Toshiba Semiconductor in Kawasaki. Prior to this he worked as a technical writer for six years at Yamaha Motors in Shizuoka, having arrived in Japan in 1990. Phil was born in south London, UK, and attended St John’s College, Cambridge, where he read Modern and Mediaeval Languages for two years followed by Computer Science for two years, and also captained the college football team. After graduating, he remained in Cambridge and worked as a programmer for four years at an IT startup specializing in supplying hardware and software to the motor racing industry.Phil enjoys playing futsal, listening to the blues, participating in charitable projects and networking.
 
 

会社概要 / 沿革

 
■会社名    プレミアム・ビバレッジズ株式会社
■本店所在地  〒135-0014 東京都江東区石島6-14
■設立     2012年10月
■代表取締役  フリント・ポール・アンドリュー (FLINT PAUL ANDREW)
■社員数    5名
■事業内容    酒類の輸入・卸売
■主要取引銀行 東日本銀行 深川支店 / 北陸銀行 浅草支店
■沿革     2012年10月 KANSAS CLEAN DISTILLED の、アジア総代理店として、
                   プレミアム・ビバレッジズを設立
        2015年10月 日本をはじめとして、アジアでのアメリカン・クラフト・スピリッツの
        情報発信センターとして、 BOURBON KINGのメディアページを設立
 
このページは有限会社翻訳プラスが翻訳しています